災害に便乗した悪質なビジネスとは

災害に便乗した悪質なビジネスとは

日本は気候的に地震や台風などの災害が多く、それに便乗した悪質なビジネスが多数横行しています。

そういった被害から守るために、また自分たちが悪質と思われないように、事例や対策について学んでおきましょう。

災害に関する悪質なビジネスの事例紹介

フランチャイジーは、被災者に正当な保険金・見舞金を支給するための正当なビジネスのなりますが、その一方で悪質な業者は、次のようなケースで被災者からお金を巻き上げようとしています。

・屋根の無料点検を行い「このまま放置すると危険」だと言われ、高額な契約をさせられた

・雨漏りを修理してもらったが、当初に提示された料金よりも高い金額に書き換えられていた

・災害のボランティア費用・義援金を払うよう、しつこく求められた

・保険で修理できる、と言われ業者に修理を依頼したが、保険適用外だったと後出しで言われ、結局お金を払うことになってしまった

これらの項目に共通していることは、被災者がとくに修理や改修を求めていなくとも、上手く誤魔化して、無理やりにお金を請求しているところです。

無料で修理できる…と言われて、実際に修理が終わってみると、やっぱりお金が必要だったので払ってくださいと言われても、納得できるはずがありませんよね。

悪質なビジネスを防ぐためには

災害に便乗した悪質なビジネスに引っかからないためには、どんなことに注意すべきでしょうか。

1つ1つの契約を慎重に決断することはもちろんですが、その他にも次のような対策が考えられます。

・契約を急かされても、流されて判断しないこと

・事前にクーリング・オフ可能であるか確認すること

・料金が変更される可能性がないか、念押しして確認すること

・実績や口コミをチェックしておくこと

特に効果的なのは、料金や契約について念押しする際、ボイスレコーダーや書面を使って、ログを残しておくことです。

口約束でも契約としては成立しますが、それは両者の信用ありきのやり取りであり、相手に裏切られてしまえば泣き寝入りするしかありません。

自分の身を守るためにも、また相手に不快な思いをさせないためにも、契約時は特に慎重になって然るべきでしょう。

TOPページを見る